バンクーバー島にあるコーモックスバレーやカナダについて、日々の出来事についてです。


by courtenay
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:海外からのニュース( 6 )

教育と現実

(Joeさんのコメントに返信していた時に思い出した話です)

カナダで教員ストライキが行われていましたが、本当にこれからどうなるんだろうって思います。カナダだけでなく、アメリカでも日本でも、そして他の国でも。

カナダには毎年、多くの国際留学生がやってきます。実際、私もちょっとだけ関わっているのですが、年々、凄い話が入ってくるので驚いています。

例えば、韓国人留学生が本当に増えてきているのですが、父親以外の家族(母親と子ども(達))でカナダへ留学するケースが増えています。
父親は本国で働くために残っています。まぁ、一般家庭の話ではなく、高額所得者家庭の話なんですが。母親と子ども、それも幼稚園児くらいからやってくるわけです。そして、プリスクールへ入れて、多様なお稽古事をさせます。ESLはもちろん、スケート、ピアノ、アートなどなどなんですけど。
一緒に暮らせる家庭なのに、父親と離れてやっちゃうってのもびっくりですが、酷いと手術を受けるって言うんですよねぇ、舌の。なんでも、"R"の発音とかが上手く行かないからって、舌と顎をつなげている腱を切るらしいんですよね・・・まじっすか。こわいっす。

話は変わりますが、アメリカ。
勉強嫌いのブッシュが取った政策のせいで、教育費が予算から削り取られていますよね。で、苦肉の策として、学校がコカコーラとかペプシと提携を組むんだそうです。
学校に置く自動販売機やカフェテリアの飲み物は一社にしてしまって、その代わりに補助金を貰って体育館を作ったり、図書館を増設したりするんだそうです。
子どもの健康よりも、カネを取ったって事ですね。嗚呼。こわいっす。
教育関連もニューオリンズの堤防費を削ったみたいに、決壊しなきゃいいんですけどね。

日本だって、義務教育費を削るとかなんとかって言っていますよねぇ。それじゃなくったって、ニートだのフリーターだのって教育が上手く行っていないのは明らかなのに、何やっているんでしょう。思いつきでゆとり教育だの何だのと言っていますが、何にも変わりゃしません。昔と比べて、何が良くなったって言うんでしょうか。

我が家の子どもたちが行っている学校だって酷いものです。
小学校の施設は馬鹿みたいに大金掛けて、行く行くは老人ホームにも使える様に、みたいにキレイな立派な建物です。でも、低学年の校舎なんて夏になったら茹で上がるくらい暑くなるし、運動場にはスプリンクラーもないので、乾燥する季節には砂埃が酷くて耐えられないし、整備されていなくて、地面が斜めだからサッカーの公式戦さえできない有様。
中学校はグラウンドが小さくてサッカーのピッチが一面取れない状態。建物は建て増しばかりでやってきたから、汚いしどこに何があるんだか判らないし。

ツケを払わされるのは子どもたちで、未来の国なのに。 
[PR]
by courtenay | 2005-11-06 09:34 | 海外からのニュース

日本が1番??

テレビの国際調査機関、ユーロデータ・TV・ワールドワイドが、世界各国における昨年のテレビ視聴状況を調査した。テレビの視聴時間は、ほぼ全世界で昨年よりも増加の傾向にあるが、その中でも日本人が、1日平均5時間で最も長かったとしている。 2位は米国人で、4時間28分。これは世界平均よりも90分近く長い。さらに、アルゼンチン(4時間25分)、ギリシャ(4時間4分)と続く。一方、最下位は中国とスウェーデンで、それぞれ1日平均2時間30分。

・・・だそうだ。ほんとかなぁ。何か、信じられない。アメリカよりも日本が上だなんて。

と、ここで気づきました。

これはきっと、平均寿命にも関係があるんじゃないか、と。そして日本はもう、日本全国津々浦々までTVが殆ど普及しているし。

何故、『平均寿命』か?といえば、ほら、お年寄りって、TV結構、点けっ放しじゃないですか。見てないんだけど、点けておくってパターン。きっと、日本の場合、それが多いんですよ。
カナダやアメリカでも、お年寄りがいるお家にお邪魔すると、見てないのにTVが点いてるって多いですもん。

だから、一国の比較にしないで、各年代でやったら良いと思うんだけどな。ま、別に1番だって良いですけど。

b0023796_18304080.jpgそうそう、FOXでやってる『The Practice』にはまりました。もうファイナルシーズンだって言うのに。ジェイムズ・スペイダーになってから、格段に面白くなったような。その前は、ぜ~んぜん見る気もしなかったもの。
[PR]
by courtenay | 2005-04-27 18:33 | 海外からのニュース
昨年末、フロリダ州でサルベーション アーミーが募金活動を行っていた所、『ダイヤの指輪』が入っていました。
持ち主が現れるのを待っていたそうですが、1ヶ月以上経っても現れないため、地元の宝石商に3万1500円ほどで買い取ってもらい、寄付金にしました。買い取った宝石商はくじ引きの景品にすると話しています。
これまでにも珍しい金貨や銀貨、車の鍵なども入っていた事があるそうです。

このサルベーションアーミー(Salvation Army)、日本語だと『救世軍』と呼ばれています。
戦後、社会鍋などの活動が有名だったようですが、現在は北米と比べると規模も活動も小さいようですね。

カナダでは、サルーベーション アーミー直営のリサイクルショップなども沢山ありますし、衣服や食料の寄付の募集なども、特に年末になると大々的に行われています。
[PR]
by courtenay | 2005-02-19 18:24 | 海外からのニュース

言えてる

言えてると思いました。これを読んで。

確かに、赤ちゃんの泣き声なんて全然気にならないですね。だって、飛行機の音にかき消されちゃうもの。子どもが機内を走りまわるのは駄目ですけど。

でも、機内持ち込み。こっちはね、一生懸命に飛行機会社が言っている通りのバッグ数や大きさにしてるって言うのに、すんごく大きなスーツケースとか、デューティーフリーの袋なんて持ち込まれると、「頼むよ~」って気になっちゃいます。で、結果、他の人がバッグを入れる場所が無くちゃったりするとイラついちゃいますね。心が狭いんでしょうかね。
[PR]
by courtenay | 2005-02-13 11:01 | 海外からのニュース

英皇太子再婚

ま、いーけどね。でも、あんまり良い感じの再婚じゃないなぁって思っちゃうのは仕方が無いと思う。どうしても、ダイアナさんの悲劇が忘れられない私としては。
何故、あの人と最初から結婚しなかったんだろうって思う。そうすれば、今もダイアナさんは元気にこの世界を謳歌していたに違いないって。

いくら『皇太子妃』と呼ばれないとか皇太子が国王になっても『王妃』にならないと言っても、再婚に至る経緯を見ればそんな事は当たり前じゃないと思ってしまう。

イギリス国民の40%はこの再婚に関心が無く、残り60%は賛成と反対がだいたい半々だそうだ。
[PR]
by courtenay | 2005-02-11 22:00 | 海外からのニュース

Taster's Choice

b0023796_14205730.jpgこのおじさんはサンフランシスコ在住のラッセル・クリストフさん(58)。現在、幼稚園の先生をやっているそうです。で、この度、彼は大金持ちになりました。何故なら、16年ぶりにモデルをやっていた時のギャラが転がり込んできたからです。・・・それも1560万ドル。

彼は、1986年頃にはモデルや俳優をしていました。その時にネスレの仕事があり、赤いセーターを着て、2時間ほどのテスト撮影に臨んだそうです(ちなみにギャラは250ドル)。しかしその後、その写真が採用になったのかは全く知らされずに、16年が過ぎました。
b0023796_1420222.jpg2002年のある日、彼はブラディーマリーミックスを買いにドラッグストアに行った時、彼は驚愕の事実に出会ったのです。あの時の写真がインスタントコーヒーのラベルに使われている!!

彼はネスレ社を訴えることにしました。和解交渉も行われ、ネスレ社からは10万ドル、クリストフさんからは850万ドルの提示がありましたが決裂し、裁判所へ持ちこまれました。
そして、結果はネスレ社が『テイスターズ チョイス』を世界中(このインスタントコーヒーシリーズは、8種類あり、メキシコ、日本、韓国、イスラエル、クウェイトなど全18カ国で売られています)で売り上げた5%の1560万ドル、そして訴訟費用の30万ドルをクリストフさんに支払うというものでした。

ちなみに、彼はドリップ式コーヒーの愛飲者で、インスタントコーヒーは興味が無かったそうです。しかし・・・16年知らなかったなんて。家族も友達の誰も気が付かなかったのかしら?どこでも売られてるんだけどな、このコーヒー。第一、仕事をした社の物だったら、気にならなかったのかしら?私だったら、どんな人が本採用されたのか気になって見るだろうけどな。
[PR]
by courtenay | 2005-02-08 14:14 | 海外からのニュース