バンクーバー島にあるコーモックスバレーやカナダについて、日々の出来事についてです。


by courtenay
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2004年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

さようなら

今日はモントリオール エクスポス最期の日です。これでカナダにあるメジャーリーグのチームは、トロント ブルージェイズだけになってしまいました。
最期の試合の相手はフロリダ マーリンズでしたが、9-1の惨敗に終わってしまいました。でも、31395人もの観客を集めました。エクスポスはワシントンDCに居を移します。

カナダのメジャースポーツのチームの運営はなかなか大変なものがあります。これまでにもバスケットボール、野球、そしてカナダの国技でもあるアイスホッケーのチームさえカナダを離れ、アメリカに売り渡されてきました。経営上の問題ですから、幾らファンが騒いでもどうしようもできません。

だけど、日本のプロ野球チームと違うのは、あれだけのメジャースポーツなのに、地元密着という事です。バスケットも野球もアイスホッケーも、会社名なんて入っていません。入っているのは地域の名前。だからファンは余計に愛着を感じる訳です。
そしてチームも選手達もファンサービスは積極的に行っています。ボランティアで病院や学校を訪問する事はもとより、スター選手にもなれば、自分のホームタウンに野球場やアリーナを作ったりもします。

今回のエクスポス移転に関しても泣いているファンが沢山居る事でしょう。イチローの安打記録やホームラン争いで盛り上がるチームもありますが、その裏で、やっぱりこんな風に身を引かなければならなくなるチームもある訳です。
[PR]
by courtenay | 2004-09-30 20:36 | カナダ

PING

いつもコメントをくださる、ゆかりさんからPING設定の話を伺ったので、やってみようと悪戦苦闘(?)していたのだけど、何の事はない。記事を更新する時に、どのサイトにPINGを送信すれば良いのか、ボックスにチェックを入れれば良いだけの話だった。嗚呼、もう目端が利かないと言うか何と言うか。

日々、勉強で御座います。
[PR]
by courtenay | 2004-09-29 18:25 | 日記

警察官

日本のTVでやっている警察関連の番組を見ると、「何だかなぁ」と思う。だって、物凄く優しいんだもん。どんな人にでも。まぁ、犯罪の度合いが違うからかなぁ。でも、それも違うと思うけど。

b0023796_17382918.jpg日本の警察官って見た目もあんまり怖そうな人って多くないでしょ。でも、カナダの警察官って迫力あるんだよねぇ。RCMPって呼ばれるんだけどRoyal Canadian Mounted Policeって事で、ロイヤル、な訳で、マウンテッドって付くんだから(警察官のことをMountie-マウンティと呼ぶのはここからですね)、馬に乗る部隊な訳で。カッコいいのです、これがまた。でも、いつもこの格好という訳ではなく、基本的に儀式や式典の時にはこの赤いユニフォームなんですね。b0023796_17454068.jpg
で、通常勤務の時は防弾チョッキとか付ける訳ですね(このおじさんは知らない人ですが)。で、見た目、タフだと思いませんか?日本の警察官と比べて。話しても結構迫力あるんです。
スピード違反とかで見つかって後ろからサイレンと共にパトカーが近づいて来たりすると、もうドキドキです。まぁ、いつもは品行方正なドライバーなら見逃してくれることもありますが、間違っても「ウルセーヨ、バカヤロー」なんて言えない雰囲気があります。ましてや、飲酒運転なんかで止められたら、きっと「すみません、私が悪う御座いました」の一点張りになる事でしょう(一度も捕まえられた事はありません。ちなみに)。

見学させてもらったRCMPの事務所もなかなか綺麗ですが(前は赤レンガ造りが定番だったようですが、今は違ってきています)、やっぱり留置所とか取調室なんて迫力あります。犯罪者の顔写真一覧なんて、凄み有り過ぎだし。写真だけで怖かったし。

・・・という、カナダが誇るRCMPですが、高級住宅地として有名なノースバンクーバー(ベン・アフレックなんかも別荘を持っています)で、銀行のカード盗難で職務質問を受けていた男にに殴られました。しかし、バックアップを呼ぶ間に逮捕できたそうです。まぁ、これだけタフって事なんでしょうね。しかしその反面、RCMPのメンバーは離婚者が多かったり、余りにも仕事がハードで自殺をしてしまう人もいたりします。

でも、RCMPは地域を守る強い人達なので、皆、尊敬し人気があります。実際、RCMPのロゴの入った正規Tシャツなんかを着て町を歩いたりすると、見事に地元の人の態度が変わったりしてしまうのも事実です。
[PR]
by courtenay | 2004-09-29 17:58 | カナダ

monkey majik 其の2

買ってしまいました。CD。だって、amazonの検索掛けたら出てきたんですもの↓。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001U1MCY/qid%3D1096294195/249-9890254-0470705

いや、もう一度で好きになりました。毎日聴いております。
カナダ人兄弟の兄は、東北外語専門学校で英語を教えていたそうですね。で、そこを辞めて、弟を呼び寄せて現在に至るという感じのようです。

上に挙げたamazonでは1500円以上になると送料が無料なので、この1枚を買うだけで大丈夫です(1575円ですから)。別に回し者って事は無いのですが、矢張りお勧めです。
[PR]
by courtenay | 2004-09-27 23:16 | 音楽

BCの問題

BC州、ブリティッシュコロンビア州の事です。誰もがロッキーと間違える雄大な山々に囲まれ、州都はバンクーバー島にあるビクトリア、スキーのメッカの一つでもあり、2010年にはオリンピックを開催するウィスラー、そしていつも州都と間違えられるバンクーバーを擁するこの州は、とても良いところで、私は大好きです。これまでに隣の州であるアルバータ州や、東にある美しいプリンス エドワード アイランド州、ニューファンランド州にも行きましたが、やっぱりBC州が好きです。

そのBCの問題点と言ったら、今はグロウアップのようです。ここで言うグロウアップ(grow-op)とは、マリファナ栽培の事です。バックにはヘルズエンジェルスが付いていると思われていますが、一般の家、特に賃貸用の家でマリファナを栽培しているというケースが年々増えているそうです。

マリファナ栽培を賃貸人にされた場合、その家は大抵、メチャクチャにされてしまいます。酷いと壁を抜かれてしまったり、天井や床に穴を開けられたり、異常な配線作業を勝手にされてしまいます。でも、賃貸に出している家がマリファナ栽培に使われていると公的機関に知れた場合、例え大家が全く与り知らぬ事だったとしても、大家も罪を受ける事になります。そして、破壊された家の保障は、例え保険に入っていたとしてもされません。

何故、こんなに問題になってしまったのかと言えば、それはカナダの景気が悪い事や、専門知識が無くても栽培が簡単に行えるからと言った事もあると思いますが、一番の理由は、BCで栽培されたマリファナは北アメリカの中でも一番品質が良いとされている事でしょう。

日本ではまだまだこういった問題は表面化していませんが、その内にじわじわとやってくるんだろうなぁとカナダの新聞を見て思いました。
[PR]
by courtenay | 2004-09-26 20:59 | カナダ

新しいお気に入り

b0023796_0282284.jpgmonkey majikってバンドがあるんですけど。一気に気に入ってしまいました。青森県で結成されて、今、仙台を拠点としているインディーズバンドなんですが、カナダ人の兄弟がボーカルとギター担当なんですね。で、あと2人が日本人で4人組なんですけど。とてもねぇ、気持ちの良い音なんですね。これが。

歌詞は日本語と英語なんですけど、違和感は全く無くて、下手に日本人が英語を混ぜて歌う歌よりもずっと良いって気がしました。地元仙台ではタワーレコードで13週連続1位の売り上げを上げたとかで、凄い人気だそうです。

ちなみに、曲はこのブログの親サイトである”Courtenay”のLinkページで聴く事が出来ますので、お試しあれ。曲名は「すぐちかく」です。

http://www.geocities.jp/courtenay_comox/
[PR]
by courtenay | 2004-09-25 00:31 | カナダ

アメリカ人

うちのダンナはれっきとしたカナダ人なんだけれど・・・・とは言っても、きっと「れっきとした」カナダ人なんていないんだろうな、と今、気が付きました。だって、色んな国の血が混ざってるもんね。かく言う日本人だって、一応「生粋の日本人」なんて傲慢な言い方するけど、どこまで混ざってるかなんてだーれも知らないよね。ちなみに、うちのダンナは半分ウクライナ、その残り半分にはイギリス、アイルランド、ポーランドが入ってるんだそうで・・・・ま、その話は置いておいて、アメリカ人と間違われるんですね、とても。

日本人の悪い癖、と言うか、井の中の蛙と言うか、とにかく外国人だと先ず、アメリカ人になっちゃう訳ですね。その上、英語なんて話しちゃったら、日本語で「僕はカナダ人です」と言っているのにも関わらず、アメリカ人になっちゃう。

長男が幼稚園生だった時に、友達から「なに人?」と言われて、「日本とカナダ」と答えたら、思いっきり、「違うよ、アメリカ人だよ」と強く言われて、説得されて帰って来た事がありました。どうも、その友達の頭の中にはまだ、「カナダ」という国はインプットされていなかったようでした。でも、説得されて(?)「僕はアメリカ人なんだって」と帰宅されても母は困るのですけど。

でも、カナダ人と判ると、良い事も沢山あります。日本人は全般的にカナダという国には、とても好印象を持っているようで、とても褒めてくれます。そういう時は、アメリカ人だったらどう思われたのかなぁって思いますが。
[PR]
by courtenay | 2004-09-24 17:26 | カナダ

やったぁ!!

1996年以来になる、アイスホッケー世界選手権の優勝をカナダが手に入れました。嬉しいなぁ。何と言っても、相手は私が愛して止まない、バンクーバー カナックスのキャプテン、マークス・ナズランド率いるフィンランドだもんねぇ。下手すると、フィンランドが優勝するんじゃいかって話の方が大きかったかも。でも、結果はカナダでした。

来季メジャーリーグであるNHLが絶望視されている今、このトーナメントがカナダにとっては、当分、最後のアイスホッケーになってしまうかも・・・とは言え、マイナーリーグは頑張ってやるので、まだまだ良いんだけどね。しかし、相手がフィンランドってのは嬉しいねぇ。良かった良かった。

カナダのスポーツは何だかんだ言っても、まずアイスホッケーです。もちろん、トロントブルージェイズ、モントリオール・エクスポズがMLBだし、アメリカンフットボールだってカナディアンリーグがあるし、バスケットだってサッカーだって頑張ってるんだけど、何はさておき、やっぱりアイスホッケー!なのですね。

男子だけでなく、女子も頑張ってます。友達の娘のチームはリーグ2連覇を果たしていて、今季は妹も同じチームに参加してるし、第一、女子チームカナダは世界王者だし。サッカーとかははっきり言って、女子の方がカナダは強いんだけど(今季、北アメリカ女子リーグで優勝たのは、バンクーバーホワイトキャップスの女子部)、男女共に強いのはホッケーがまず第一、かなぁ。

でも、日本の野球界と同じく、アイスホッケーチームを維持するのはとても大変。選手の年棒も上がる一方だし。カナックスみたいに、最近調子が良いと観客数も上がるし、ロゴも変えたりしているからグッズの売り上げも良いんだろうけれど。その反面、シーズンチケットが占める割合がどんどん大きくなっていて、フリーで1試合だけ観るって事が難しくなっちゃったんだけどね。

あ、そうそう、ちなみに木村 拓哉はバンクーバー カナックスではプレーしていません。そんな話、カナックスファンの中でもぜーんぜん話題になりませんでした。
[PR]
by courtenay | 2004-09-16 08:37 | カナダ

昨日の続き。

ファイヤーキングにオールドパイレックスの話を更新しましたが、YAHOOオークションを見てビックリ、ファイヤーキングで検索して、またビックリしています。

何て我が家では、お高い食器を使っているんだろう!!ってね(笑)

もちろん、私がカナダで買った時はむちゃくちゃ安かったですよ。何と言ってもスリフトショップやヴァリューヴィレッジでのお買い物ですからね。一番高くて、サルベイションアーミーで見つけた、「22k金縁 ファイヤーキング ディナープレート 4枚 12ドル」って所です。サルベイションアーミーのショウウィンドウに入っていたんですから!凄いでしょ。キャッシャーで包んでくれたおばあちゃんも、「気をつけて持って行ってね」ってわざわざ注意してくれた程のシロモノです。それがネットだと1枚2000円位するんだって!!こりゃビックリでしょう、やっぱり。自分の持っているって言うか、普段使っている物がこんなに高いなんてねぇ。

話は変わりますが、そろそろアメリカ大統領選も近くなってきました。って言っても、まだ2ヶ月ありますが。他の国ではあまり見られる事のない展開で、とても面白いです。私はブッシュには再選して欲しくない派なのですが、ブッシュの行動や発言は無茶苦茶面白いと思っています。フガフガ・ラボのチェックは欠かせません。それと新たに見つけたのはJibJabのThis Landですね。以前、一世を風靡したムネオハウスのような感じですが、ブッシュとケリーが良いです。声も何となく似ています。大笑いの末に何度もクリックしたくなってしまいます。
[PR]
by courtenay | 2004-09-12 17:24 | ファイヤーキング
あなたのお気に入りの愛用品は?

オールドパイレックスにファイヤーキング。大好きです。カナダへ遊びに行った時、スリフトショップで見つけた厚ぼったい乳白色の食器。ひょんな事から、オールドパイレックスのマグとファイヤーキングの食器が手に入りました。それから、気になって仕方がありません。何だかんだとちょっとずつ集めています。

コレクターって言うより、普段使いの食器として扱っています。不思議と飲み物や食べ物が冷めにくい食器です。先日は、コレクターブックを買ってしまいました。また海外に行ったら探してみようと思っています。
今回のカナダツアーでもオールドパイレックスとファイヤーキングを見つけました。食器棚に入れる場所が無いと判っていても、ついつい買ってきてしまいます(いや、食器棚がオールドパイレックスとファイヤーキングって訳ではなく、前からの食器もあって・・・)。

オールドパイレックスはコーヒーとか入れても乳白色ですが、ファイヤーキングはうっすらとコーヒーの色が写ります。持った感じもとても良いし、大好きです。

コレクターブックを買って驚いたのは、既にファイヤーキングを何点か持っていたっていう事。ファイヤーキングのガラス製品は、マグの様に社名の刻印はあまり無いので気づいていませんでした。ちょっと嬉しくなりました。

カナダの義母にファイヤーキングとか大好きと話したら、割れた時に本当に細かく割れてしまうので、作らなくなったんじゃないかしらという話をしてくれました。その義母の家にもこっそりファイヤーキングはあるのだけれどね。

実家にもファイヤーキングマグがあって驚いた事もありました。まだ家に私が居る頃からあった物で、コレクターのホームページを見て気が付いたのです。

これからもずっと使い続けたい食器です。

(ブログを始めてまだ少しだけど、「トラックバック」ってのに挑戦してみました。リンクもやり方判ったし、既に接続障害も経験してるし、面白いです。)

[PR]
by courtenay | 2004-09-11 08:41 | ファイヤーキング