バンクーバー島にあるコーモックスバレーやカナダについて、日々の出来事についてです。


by courtenay
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2004年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

NHL

NHLというナショナル アイスホッケー リーグがロックアウトして、既に1ヶ月以上経ちます。ロックアウトっていうのはストライキっていう事で、北米で試合がない選手たちは230人以上がヨーロッパのアイスホッケーリーグで活躍しています。

日本のプロ野球選手会もこの間、ストライキをやりましたが、NHLのストライキは根が深いです。もちろん論点は労使交渉なのですが、普通のお給料の他にチームのマーチャンダイズ関連とか、選手年金みたいなものとか、本当に色々な事でNHL及びチームと、選手たちの意見が異なってしまっていて、なかなか収拾が付きません。

ファンからすれば一日も早く試合が見たいのは山々ですが、選手の境遇とか立場を考えるときっちりカタを付けろよ~と応援もしてしまいます。
確かにドル箱スターの様な選手は引退まで大きな怪我もせずに上手く過ごして、引退後もコーチやらパートオーナーやらとかになって上手くやっている選手もいます(・・・え?グレツキー?そう、その通りです)。でも、多くの選手は怪我をして引退を余儀なくされたり、引退後の生活もなかなか上手く行っていないようです。
しかし、その逆にNHLのリーグ幹部やチーム幹部はアイスの上に立つ事も怪我もなく、結構な稼ぎで余生も暮らせるという人が多いので、そして、その差が大きいので意見は合わない訳です。
やっぱり、自分が脳震盪起こしてアイスの上に倒れている時に、アリーナのスウィートでワイン片手に談笑しているオーナーに気が付いたらムカつくでしょう?そして、チームショップへ行けば自分の顔の絵や名前の付いたちゃちい品物が「うそっ」と思う値段で売られていて、その売り上げは全てチームへ直行しているなんて思ったら、次の契約更改時には売り上げの一部は自分の手元に来るようにって言いたくなるでしょう?そこなんですよね。選手生命は短いし、危険だしでも愛する家族を養わなくてはならないし・・・。

そんなリーグやチームの元で働くよりも契約がきちんとしているヨーロッパで、例えお給料は悪くても試合をするんだって思っても仕方がないと言えばそう思うんですよ。でも、苦しいチームも沢山あります。私の愛するバンクーバー カナックスだって、カナックスがプレイオフに連続で参加する以前は、結構、チームも危ないって言われていた事もあるし。ま、今って言うか、昨シーズンはシーズンチケットばかり売って、一般席を手に入れるのが大変な位、人気のチームですが。とにかく、一日でも早く決着を付けて、あの選手たちの雄姿を観たいです。
[PR]
by courtenay | 2004-10-31 21:27 | カナダ

アンチ マクドナルド

昨日に引き続き、ですが。

マクドナルド、もうこのチェーン店は世界展開し尽くしたんじゃないかと思うのに、未だに新規店舗が生まれるという巨大企業ですね。一つの街に、一体、幾つのマクドナルドがあるかなんて数えたら、びっくりする事になるんでやりませんが。

カナダでも色んな所にマクドナルドは潜んでいます。普通のマクドナルドの店舗はもちろんですが、商品限定発売のExpressなんて店もあるし。WAL-MART内にも進出しています。もちろん、バンクーバー空港にもきっちりかっちりあります。

b0023796_045199.jpgでも!マクドナルドには極力行かないようにしています。スターバックスと同じように「緊急時」のみです。何時が緊急になるかはスターバックスと同じ様なもので、そのマクドナルドの代わりと言ってはなんですが、行くのは"Tim Hortons"です。

b0023796_014445.jpg基本的にここはドーナツのチェーン店ですが、美味しい手軽なランチを一日中販売しています。スープとサンドイッチやベーグルといったものが中心ですが、(私的には)絶対にこちらをお勧めします。どーしてもバーガーが食べたい!となった場合は"Daily Queen"ですね。ここのバーガーはグリルで焼いたもので、鉄板の上で焼くマクドナルドのより美味しいです。でも、ここの本当のメインはアイスクリーム類なんですよね。ちなみに、マクドナルドではソフトアイスクリームコーンだけはたま~に買ったりします。
[PR]
by courtenay | 2004-10-30 23:55 | カナダ

アンチ スターバックス

スターバックスは嫌い、なんて言うと意固地な人みたいに思われるかもしれないけれど、スターバックスには緊急時でしか行きません。緊急時っていうのは、行きつけのお店が休みとか、スターバックスしかその町にない時、みたいな時です。だって・・・一番美味しくないんだもん、カフェラテ。をいをい、本当にエスプレッソダブルショット?これで?みたいなコーヒーに大枚は叩けません。グタグタと能書きが多い割りに本当に不味いコーヒーが出てくる確率が高いんです、スターバックスは!!(怒)

で、前にも出てきたアボツフォードでのイチオシうんまいコーヒー店!そ・れ・は・・・
Afterthoughtsです。Abbotsford Timesでも毎年デザート部門で1位を取っているお店なのですが、コーヒーが美味しい!ダブルを頼めば、ちゃんとダブルの味で出てくるし、フォームもしっかりしていて、絶対にお勧めです。・・・って、もんの凄くマイナーな案内ですが。近くにはグランドシアターという映画館や、食べ放題のママパンダ(嗚呼、なんと言う名前・・・)があります。もし、アボツフォードへ行かれる方は、スターバックス(ちなみに、このコーヒーショップのあるオープンモールの反対側にあります)なんぞには行かず、Afterthoughtsへ行ってくださいね。

あと、ナナイモ(バンクーバー島)のBowen Rd.沿いにある、Bevan Parkの近くのコーヒー店。ここがまた美味しいコーヒーを出してくれます。店の名前は忘れちゃいましたけど・・・。下手にダブルショットなんて頼んだら、濃すぎるかも。でもでもお勧めです。
[PR]
by courtenay | 2004-10-29 15:58 | カナダ

酒酔い運転

b0023796_8193118.jpgカナダでは、ドラッグやタバコの害を政府と警察が中心になって、TVCMを流したり、セミナーを行ったり、もちろん取締りをして強化に努めているけれど、もうひとつ中心になっているのが、[Drinking Driving Counterattack]キャンペーンと言われる、酒酔い運転への取締り。ブリティッシュコロンビア州だけでも、年間100人以上の人がこういった事故で死亡しているし、2億7千万ドルがこういった事故などに使われているんだそうだ。

日本でも酒酔い運転への取締りが強化されたけれど、カナダでは友人宅やレストランなどで飲酒して車を運転して、事故に遭った場合に飲ませた方も罰せられる事があるそうで、かなり徹底している。でも、それでも、多くの人たちが未だに酒酔いのまま運転して事故を起こすのは止まらない。

特に今多いのは、青少年が起こす事故。それでなくても、16歳から運転免許証取得可能の国だから、日本よりもずっとその比率が高い。特に週末は、平日よりもその危険性が60%も上昇するんだそうだ。事故0%に抑えるのは難しいとしても、週末でも特にクリスマスシーズンなどには、ボランティアでパーティー先から家まで送ってくれるシステムなどもあるんだから、酔っ払っても、そういった事を忘れない理性ぐらいは残して欲しいと思う。
[PR]
by courtenay | 2004-10-28 22:18 | カナダ

アニメ

世界中で日本のアニメーション、ジャパニメーションが有名なのは日本でも知れ渡っていますが、近頃では、アメリカ製のアニメまでもが日本化しています。

アメリカのアニメと言えば「バットマン」「スーパーマン」などのヒーロー物、「スクービードゥ」「チキチキマシン猛レース」などのハンナバーブラ物、ミッキーマウス系・・・など色々ありますが、劇場公開作品以外は、セル画の枚数も少ないし、背景なんかも大層手を抜いた感じの特色と言えば特色がありますが、新作は段々と大きくなってきてるんですよ、『目』が。
まぁ、「パワーパフガールズ」は異常に目が大きいですが、そういうコミック系ではない、SF系の話だったりするアニメの顔立ちが変わってきたんですね。でも、「アメリカ製」とは言えないですが。だって、中国とか韓国の製作者がやってるんですから。

あとは身振り、ですね。手足が細くって長くって、日本の漫画的な要素(顔に線が入ったり、汗が垂れたり)がとても入ってきています。でも、見ているとちょっと不気味。何でだか判りませんけど。

「犬夜叉」「コナン」「ハム太郎」・・・もう沢山のアニメが海を渡っているし、「ドラゴンボール」が実写化されるとか、アニメだけでなくPUFFYのアニメがニコロオデオンで始まるとか、どんな物がこれからも海を渡って行くのか楽しみです。
[PR]
by courtenay | 2004-10-27 22:34 | カナダ

クリントン再び

b0023796_140055.jpg心臓の手術を無事に終えて、クリントン元大統領がケリー候補の戦線に戻ってきました。しかし、何でこんなに痩せちゃったの?髪の毛もすっかり白っぽくなっちゃったし、まぁ、「何で」ったって大変な手術の後なんだから仕方がないんだけど。でも、久しぶりにTVを通して彼の姿を見てびっくりしました。

しかし、未だにブッシュ現大統領に対する支持率がケリーと拮抗しているなんてのも信じられない。これまでのブッシュの発言や行動をもう4年間も続けさせても良いとアメリカ国民の大半が思っているなんて。まぁ、向こうから見たら、「何で日本国民はジュンイチ コイズミなんてのに任せてるんだ??」なんて思っているかもしれないけど(笑)。でもね、アメリカは国民投票でリーダー(=大統領)を決められるんだからね、一緒にしてもらっても困るけど。

ところで、『チームアメリカ』という映画があります。サンダーバード顔負けのマリオネット作品です。製作はあのアニメーション『サウスパーク』の創作者です。内容はブッシュ批判とかなんとかいう訳ではありませんが、ケリー側を応援している俳優とかのマリオネットが殺されたりするので、ブッシュ側が喜んでいるとか何とか。でも、ちょっと見た限り、今回のイラク戦争とダブったりするので、はっきりとはどちら側でもないと思いました。
[PR]
by courtenay | 2004-10-26 23:58 | アメリカ

熊害

今年はカナダでも熊が出没して困っている状況です。夏から、いつもはそんなに現れる事はなかったはずの金持ち地帯ノースバンクーバーでもブラックベアが出没しているし、もちろんバンクーバー島でも出没して、人ん家の物を保険が利かないってのに壊していって大変です。

友人の実家がノースバンにあるのですが、ブラックベアが裏庭のりんごの木に登ってたとか、ゴミ箱を漁りに来ていたとか。この間は勝手口を開けて庭に行こうとしたらすぐ近くに居て、大層、びっくりしたそうです。

日本にも負けずカナダも暑かった所為なんでしょうか。特にバンクーバー島の熊たちは寝つきが悪いらしくて、冬眠期間も短いというし。でも、食糧難って事もないでしょうにね。もしかしたら、いつもは行かれていたゴミ捨て場とかが閉鎖されたり、監視が厳しくなった所為かしら?

でもね、熊も下りて来て荒らしたくて荒らしている訳ではないからね。共存できれば良いんだけど、後から来た人間がエラソーにしているからね、なかなか難しい様で。
[PR]
by courtenay | 2004-10-25 18:15 | カナダ

問題

BC州にも、もちろんいろいろな問題があるのですが、その一つが「喘息」。カナダ全体から見ても、喘息患者が急激に増加してしまっているのは事実なのです。
BCの中心部というのは、フレイザーヴァレーと言われる所ですが、フレイザー河を中心として、谷状になっている地域なんですね。どうもそこに排気ガスとか、工場からの汚い空気(とは言っても、日本よりも規制が厳しいですが)、多発する森林火災の煙などが入り込んで、溜まってしまうらしいのです。その溜まってしまう空気が年々濃くなっているようで、空もなんとなくどんより、というか、霞がかかっているような時も多くなってきてしまいました。数十年前にははっきりくっきりと素晴らしく綺麗に見えたマウント ベイカーもぼやけて見える日が多くなってきたようにも思えます。もちろん、谷状と言う事では、島にあるコーモックスヴァレーも例外ではなく、子どもたちを中心に患者が増えているのです。

『カナダ』と聞くと、空気が綺麗で、水が綺麗で、風景が綺麗な国といったイメージですが、毎年、こういった問題が重要視されていっています。美しいカナダには合わないイメージですが、環境汚染という現実問題からは逃げられない状態です。

私の姪も喘息に罹ってしまっているし、その友達もスプレー状の薬の器具を持っている子が多くなっています。政府からもいろいろな通達が出され、減少へ努めているようですが、なかなか結果が伴っていないようです。子どもたちの運動量が減ったり、食べ物が変わったりといった事も原因の一つと挙げられているようです。
[PR]
by courtenay | 2004-10-24 23:35 | カナダ

交通ルール その2

交通ルールの話の続きなんですが、便利なルールがあるんですよ。日本もこれが出来たら渋滞とか解消されるかしら、でもドライバー的に危険が増えるかしらと思うルールなんですが・・・。

赤信号でも右折できるってルールですね。出来ない交差点もありますが、基本的にはできます。カナダは車は右側通行ですので、左側通行の日本流に言えば、赤信号でも左折できるって事ですね。もちろん、横断歩道とかあったりしたら、気をつけなくちゃいけないし、車の流れとかも見て、注意して行うというのはもちろん前提なんですが。

ちなみに、横断歩道関連のルールはとても厳しくて、横断歩道者が横断歩道の所に立っていたら、車は絶対に停止しなくてはいけません。例え横断予定者じゃない人が偶然にも横断歩道に立っていても、停止はしなくてはいけないんですよ。(RCMP(警察)はたまにこういう取締りをやっているんです。横断者役とチェック役に分かれて。もちろん二人とも警察官です。横断者役はご丁寧にもちろん私服ですが。これで義母は罰金取られました。)日本だと、子どもがずーっと立っていようとお構いなしの場面が多いですけれど。

とにかく、始めはこんなルールは信じられなくてモタツキましたが、やってみると便利です。でも、やっぱり日本への導入は無理なんでしょうねぇ。
[PR]
by courtenay | 2004-10-23 19:50 | カナダ

交通ルール

カナダの車事情って言うのは、日本とは全然違うので、車に対する扱いとかも違うんだけど、交通ルールも違うんです。お国柄とか、土地の面積の違いって言えばそうなのかもしれないけど、私が良いなぁって思うのは、4WAY STOPとか3WAY STOPってやつです。日本では標識は無くて、こういう交差点はあると思うんだけど、カナダでは標識が立っています。
どういう所かっていうと、要は信号とか設置されていない交差点なんですね。だからと言って、田舎や狭い道にばかりある訳じゃなくて、結構、大きな道路にも平然とそういう場所があるんですね。

何が良いのかっていうと、「日本ではあまり見られなくなった譲り合いの精神」(笑)が見られるって事ですねぇ。信号とかないから、どの車が先に交差点を通過すれば良いか判らないじゃないですか、ですから、交差点に先に停まった車から順番に通過して行くって事なんです。4WAYは四辻で、3WAYは三辻(って言うんでしょうか)の意味です。

結構、大きな忙しい道路なのにこの標識に基づいて、平然と車が進んでいく所を見ると、良いなぁって思っちゃいます。ちなみに、停電とか事故とかで信号が使えなくなった時も、運転手は自動的にこの方式に基づいて運転するんですよ。
[PR]
by courtenay | 2004-10-22 22:46 | カナダ