バンクーバー島にあるコーモックスバレーやカナダについて、日々の出来事についてです。


by courtenay
カレンダー

<   2005年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

なんでもあり

夕飯、思ったよりも好評だったので良かったぁ。とは言っても、身内受けが良かっただけなんだけど・・・。
何を食べようか迷っていて、またこういう時はスロッピージョーかぁ?なんて思っていたんだけど、ちょっと目先を変えてみました。

材料は合い挽き肉にトマトの水煮缶、ローリエ、玉ねぎ、キドニービーンズ缶、塩・胡椒、トマトケチャップにとんかつソースといった所。要はチリと余り変わりません。
で、後はレタスにタコシェル。そう。タコミートの変わりに、このチリのようなスロッピージョーのようなミートを挟むって事。でも、ちゃんと1人1人取り分けて、チェダーチーズを乗せて、もう一度オーブンで焼きました。コーンスープも作って。
これが好評だったんですね。まぁ、元からタコ好きなんで、当たり前だったかもしれないけど。
[PR]
by courtenay | 2005-02-28 21:11 | 料理

今週末だ(@_@)

もうすぐ義姉が来日するので、街中を歩いて、どんな所が楽しそうか下見をしています。
ダンナも来日してから随分経ってしまったので、どんな所がお姉さんに喜んでもらえるか、見極めるのもなかなか大変そうです。やっぱり、時間が経ってしまうと、印象とか気分が変わってしまうようです。
今日はハイキングコースを確かめました。陶芸をやらせて上げようとか、駄菓子屋も良いかも、などと子ども達も一緒になって考えてくれています。
[PR]
by courtenay | 2005-02-27 21:12 | 日記

日本の英語教育

以前、子守唄より英語教育の教材を聞かせるのは親の怠慢って記事を書いたんですが、コメントを頂きまして、改めて子守唄とかは大切なんだって思いました。今回は幼児ではなく、もう少し大きな子どもの話です。

我が家には14歳と11歳の息子がいます。母国語が英語と日本語という事で、英語は生まれた時からの必修科目です。

住んでいる場所は日本ですが、やはり、カナダにいるおばあちゃんを始め、親戚と話が出来ないなんて駄目という考えが元で、特にこれからの将来にとか受験にって話だった訳ではないのですが(^ ^;)だって、ずるいでしょう。日本の祖父母や親戚とは言葉で意思の疎通ができるのに、カナダではできないって。

今では、生活に困らないだけの英語は身に着いています。読む事も書く事も大分上手になってきました。そのお陰で、長男は英検2級を持っています(先日の"2ちゃん事件"の試験じゃありませんでしたが・・・)。

でも、本人たちにはそれなりに負担になっている事もあると思います。数年の間には移住と考えている現在であれば納得もいっていますが、そういった事が見えなかった時には、きっと「なんで?」って思った事が沢山あったと思います。

彼等は日本の公立学校へ通っていて、普通の小学生、中学生生活を送っています。長男は塾にも行っています。
こういった生活をしてきて日本の英語教育っておかしいねって思うことが沢山出てきました。

例えば、学校で行うテストや、全国一斉模試の方法日本式の答え方っていうのがあるんです。長男がこれを理解するのには大分掛かりました。自分が正答を出しているのに点が引かれるんです。何故なら、彼の回答にはその学年で習っていない単語が使われているから。内容は合っているんですよ。決して間違っていないんです。でも、その理由だけで否定されてしまうんです。それっておかしくないですか?今では、長男もやり方を覚えましたけれど。

その長男が受けた英検2級のテストも、これまで絶対に受けさせないと言っていたんです。理由は英語が古過ぎる。でも、近頃の問題は向上したようで、英検2級の問題で、だいたいカナダの中学校の問題に当たるようです。そういう事が判ったので、受験したのです。でも、未だに過去問の本を見ると、「これってどういう意味?」と英語を指差してダンナは不思議そうな顔をします。

英検は2級から留学のポイントとなるなんて英検では言っていますが、受験した長男は、面接試験官が日本人で、何を言っているのか判らない所があったと感想を言っていました。うーん、こんなに英語が母国語の外国人がいるのに、なんでその人たちを使わないんでしょう。アルバイトだって良いじゃないですか。教会(ホテルとか結婚式場の)の牧師役だってバイトの事が多いのに。

まぁ、こんな話はまだまだ沢山あります。
次男はまだ小学生なので、明らかにはなっていませんが、これからきっと、彼の状況でも「?」って事が出て来るんだと思います。

あ、ちなみに、息子たちは2人とも日本語で子守唄歌えますよ~。父親になった時に歌ってやってくれると嬉しいなぁって思ってます。
[PR]
by courtenay | 2005-02-26 07:57 | 英語

またまた

雪が降りましたね。とはいっても、夜中に降って、後は雨になってしまったので大して積もってはいませんでしたが。

b0023796_19131922.jpgBC、それもフレーザーバレーのスキー場は未だに大変です。ヘムロックバレー・・・私はここで遭難したのかと思うと信じられません。
一時期、雪が降ったのでオープン間近かと思われたのですが、その後、雨やら晴れやらで雪は降らず、もうすぐ3月だって言うのにこんな有様です。
友人もシーズンパスを前売りで安く買ったのは良いけれど、未だに使った事が無いと嘆いていました。

日本の雪を持って行ってあげたいくらいです。
[PR]
by courtenay | 2005-02-25 19:16 | 日記

作成中

現在、親ページのCourtenayを進化させるべくページを作っております。一応、CourtenayのDowntownのページになる予定です。
予定は未定かもしれませんが、頑張りまーす。
[PR]
by courtenay | 2005-02-24 17:49 | バンクーバー島

はぁ?

英検面接問題、試験中「2ちゃんねる」に流出

 文部科学省所管の財団法人「日本英語検定協会」(東京・新宿)が今月20日に実施した英検の2次試験(面接)のうち、2級の問題内容が試験時間内にインターネット上の掲示板「2ちゃんねる」に流出していたことが、22日分かった。(中略)

 2級では、「オンライン面接」に関する問題カードと、「コンパクトディスク(CD)の不正コピー」に関する問題カードの2種類が用意され、面接委員がこれを交互に使用した。ところが試験開始直後の午後1時20分すぎから、「オンライン会議についてだった」「CDのコピーガードについて」などと問題内容を示す書き込みが「2ちゃんねる」に相次ぎ、中には「ちゃんと受ける人がばかみたいでやだ」と不快感を示した書き込みもあった。

 同協会によると、受験生が試験会場に集合する時間は面接の時間帯に応じて、午後1時と午後2時に分けていた。協会は、こうした時間差の解消や、会場での携帯電話使用の制限などを検討するほか、他の級でも同様の流出がなかったかの確認を急ぐ。また、「2ちゃんねる」の管理者に抗議する方針。(中略)

2級は今回、約8万8000人が受験して約2万8000人が2次試験に進んでいた。同協会は「全くの不正行為で試験妨害にもあたる。極めて遺憾な事態だ」と話している。(読売新聞)


何で2ちゃんねるの管理者に抗議するんでしょうか。他の事例を見たって、今の時代、こういう事が起こるっていうのは判ってそうなものじゃないですか。会場が携帯電話禁止になっていなかったっていう時点からおかしいですよね。自分の手落ちを2ちゃんねるの所為にしちゃいけません。
やっぱり、お役所とかお役所系だった所っていうのは、こういう時の対応が遅いと言うか、遅れていますよね。柔軟性も無いし。
[PR]
by courtenay | 2005-02-23 20:26 | 出来事

もー(@ε@)

また変なトラックバックが付いてしまいました。一体、どうすれば良いんでしょう。
これまではいちいちURL登録をして拒否してたんですが、どんどん新しいURLで付けてくるんですよね。本当に嫌になります。文句のメールなんて出しちゃったら、余計に来るだろうし。
第一、こんなマイナーなブログにやったって、引っ掛かるお馬鹿さんなんて居ないと思うけれど。はぁ。嫌だ。
[PR]
by courtenay | 2005-02-22 09:50 | ブログ

キャンセル

NHLが今シーズン(って言っても、既に300試合以上がキャンセルされているんだけど)の残り全日程を正式にキャンセルしたっていう話が公表されて数日。
カナダの新聞のスポーツ欄はNHLの動向を書き立てています。CKNWもこの話をよくします。何と言っても、公称2100億円の損失と言われてるんですから。公称でそれだけって事は、小さなビジネスの損失も入れたら、あと210億円位は軽く損失が出るって訳で。
しかし、ここへ来て選手会側が歩み寄りを見せているという報道も見られるようになりました。ようやく、気が付いたんでしょうか。このままだとファンが居なくなるって。
アンケートを取ると、約70%の人達がNHLのロックアウトを気にしていないという結果が出たそうです。カナダ人でこうなんだから、アメリカだったら、もっと悲惨な結果でしょうねぇ。
どちらにしても、今回のロックアウトには失望しました。これから、シーズンを始めますって言われてもなぁ。NHLに古田が欲しい~!
[PR]
by courtenay | 2005-02-21 18:15 | カナダ

移住先

友人のダンナもカナダ人で、家より小さいけれど男の子が2人って家庭があります。そこのお家もいつかはカナダへとは思っているみたいで、会うとその話になります。
友人はダンナの実家がナナイモにあるのに、「いつかはバンクーバーに移住したい」と話します。私はバンクーバー島派なので、何故、彼女が大都会バンクーバーへいきなり移住したいのか、ちょと判りません。「例えば、今から新宿や渋谷に引っ越したい?」って聞くと「嫌だ」っていう彼女なのに。
まぁ、彼女にとってはまだ先の話なので、実感がないのかもしれないけど。彼女も私も、"先ず子ども"って意識はもちろん強いです。
[PR]
by courtenay | 2005-02-20 17:55 | カナダ
昨年末、フロリダ州でサルベーション アーミーが募金活動を行っていた所、『ダイヤの指輪』が入っていました。
持ち主が現れるのを待っていたそうですが、1ヶ月以上経っても現れないため、地元の宝石商に3万1500円ほどで買い取ってもらい、寄付金にしました。買い取った宝石商はくじ引きの景品にすると話しています。
これまでにも珍しい金貨や銀貨、車の鍵なども入っていた事があるそうです。

このサルベーションアーミー(Salvation Army)、日本語だと『救世軍』と呼ばれています。
戦後、社会鍋などの活動が有名だったようですが、現在は北米と比べると規模も活動も小さいようですね。

カナダでは、サルーベーション アーミー直営のリサイクルショップなども沢山ありますし、衣服や食料の寄付の募集なども、特に年末になると大々的に行われています。
[PR]
by courtenay | 2005-02-19 18:24 | 海外からのニュース