人気ブログランキング |

バンクーバー島にあるコーモックスバレーやカナダについて、日々の出来事についてです。


by courtenay

<   2004年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ぺローギー

b0023796_8101772.jpgいつもコメントをくれるゆかりさんからネタを拝借しちゃいます。ペローギー(Pierogi)話です。

義母はウクライナからの移民の人なので、ボルシチとかのロシア料理が上手です。その中でも秀逸なのはこのペローギーなんですね。イメージとしては、厚めの手作り餃子の皮に詰め物をした料理なんですが、中身はマッシュドポテトとチェダーチーズが私のお気に入りです。他にもグリーンオニオン入れたり、お肉を入れたりします。付け合せはフライドオニオンにサワークリーム、これが定番かな。姪っ子はケチャップ掛けちゃったりもするけど。結構、サワークリームは高カロリーなので、ヨーグルトとかでもOKですね。

料理法は、この太目のマッシュドポテト餃子を茹でて、茹で上がったらフライパンで炒めます。私は焦げ目がついているのが大好き。人によっては、茹でただけの方が良いって言う人も居ます。

とにかく義母の作るペローギーは有名で、遠くの町からわざわざ買いに来るほどの美味しさ。それに、どーも安く売っていたらしいんですね。ドウを作るのも大変なのに、12個2ドル、とかもー、何で?って値段ですね。儲けようって気が無かったんですねぇ。そこそこの値段を付けていたら会社も出来てたかもって位、売れたそうです。でも、今は年齢的にもそこまで出来ないと言ってあまり作らなくなっちゃいましたけど。

私は、十何年前かに結婚してから生まれて初めてこれを食べて、とっても美味しくて毎日でも食べたい!って思ったものでした。だって、シンプルなんだもん。油っこくないし。で、家で頑張って作ろうと思うのですが、なかなか、義母と同じようには行きません。ドウがとにかく違うんだなぁ。初めの頃なんて「スイトン?」みたいなのになっちゃったし。年季が足りないのかなぁ。義母が作る時には一緒にお手伝いしてみたりもするけど、技を盗むのは大変です。まぁ、もちろん手作りに拘らなければ、冷食のも売ってるんだけど・・・。頑張って早く上手くなりたいよ。
by courtenay | 2004-10-21 23:25 | カナダ

サモサ

カナダはいろんな国の人たちが移住して来る国として有名。もちろん、政府も奨励しているし、とにかく人が増えれば税金も増える訳で、政府としてはそのためにって皆言っている。西部カナダで平均して多いのはインドからの移住。それから、香港が返還されるって時期には爆発的に中国人が増えた。今もこの二つの国からの移住はとても多いけれど、近頃は韓国や台湾からも増えたような気がする。いろんな国の人たちが増えると楽しいのは、その国の伝統や食べ物とかが日常的になって来るって事。でも、白人系のカナダ人はなかなかそういうお店には足を運ばないみたいだ。まぁ、中華料理店とかはとてもポピュラーなので、沢山の白人系カナダ人を見るけれど、インド料理店、みたいな所になるとガラッと雰囲気が変わる。

バンクーバーからケロウナの方へ車で行くと、メリット(カントリー音楽のフェスティバルで夏だけすんごい沢山人が集まる町がある)という峠を通るのだけど、そこでサモサをいつも買うんだ、美味しいんだと義兄が言うので、買ってみた事がある。1個1ドル。ふーん、こんなものね。と思って自分のテリトリーへ帰ってからインド料理店へ行ってみた。

店の看板は大抵黄色に赤字なのでとても目立つ。そして独特な香辛料の香り。片側にショーケースがあって、インドのお菓子が沢山中に並べられていて、片側にはテーブルと椅子が並んでいて、奥がキッチン。そしてインドの神様の絵が掛けられている・・・というのが一般的なパターン。入ると、結構、ジロジロと見られる。あんまりインド人以外のお客さんは来ないようで、店の人も英語が苦手だったりする場合も多いんだな。

b0023796_8231428.jpgで、サモサ。これは絶対にお勧めの一品。私たちはこれなしではカナダでは生きられないかもしれないって位大好き。で、安い。なんと、3個1ドルでもちろん手作り。大抵、ベジタブルサモサとミートサモサがあって、大きさは前述のメリットサモサの約2倍。そしてアツアツ。そしてめちゃうま。嗚呼、今考えても涎が出ちゃうくらい。

サモサってのは、薄い生地の中にマッシュポテトと香辛料と野菜を混ぜたものが包んであって、それを油で揚げたものなんだけど、チャツネと一緒に食べると、これがまた~。くー、食べたい。ま、とにかく、美味いんだなぁ。で、店によって味が違う訳で。きっと、お袋の味、みたいな感じなんだろうね。あと、ティキってやつも美味しい。やっぱりチャツネに付けて食べるんだけど。これも3個1ドルだなぁ。値上がりしないと良いけど。
by courtenay | 2004-10-20 19:51 | カナダ

このブログの機能に、『レポート』って言うのがあって、どの位の人たちがここへ来てくれるのか判る組みになっているんだけど、先週の金曜日はなぜか、47人もの人たちが覗きに来てくれたそうで、びっくり。細々とやっているので大抵は20人位なんだけど、何故その日は??と思って駄文をチェックしてみた。

すると、新聞広告のサイトを紹介した、短いものだった。・・・余計に何でか判らなくなってしまった。
by courtenay | 2004-10-19 16:48

アボツフォード その3

アボツフォードには毎年、多くの人を集めるものがある。アグリフェア?ま、それもそうなんだけどね、結構、歴史があるからね。でも、違うのだ。それは『アボツフォード エア ショウ』。要するに航空ショウなのだ。

8月に行われるこのショウには、全北アメリカは基より、ヨーロッパからも飛行機フリークが集まるのだぁ。毎年、この季節になるとアボツフォードは航空ショウ一色になっちゃって、なんでまたって言う位、人も車も集まるんだな。甥の住むチキンファームはこのショウの本拠地であるアボツフォード空港のすぐ近くなので、無料で第2次世界大戦の飛行機だろーが、ブルーエンジェルスだろーが見れてしまうのだ。まぁ、どちらにしても、何時間も飛行機を眺めている気力は無いので、私たちの場合、大抵は練習風景を見るだけで終わりにしてしまうんだけど。練習風景たって、ただ飛んでるだけではなくて、回転したり低空飛行したり、結構、凄いのだ。もちろん、ジェットの音なんて何も聞こえなくなる位だし。

昨年のショウで久しぶりにアメリカ空軍のブルーエンジェルスが戻ってきた。確か、その前にはステルスも真っ黒い機体を飛ばせていたっけ。上記のHPをチェックすると、今年はCP-140 Aurora (Comox, BC) と書いてあるので、あのコーモックス基地からも参加したんだなぁ。

夏にアボツフォード方面へ出掛ける方は、もし、時間があったら行ってみても良いかも。時間が無ければ、音がしたら外へ出て空を眺めれば見られるかも。
by courtenay | 2004-10-18 16:17 | カナダ

不動の第2位

折角ですので(?え?そうか?そうなの?)、不動の第2位のお話を。

これまたコートニーなんですが、これはヘリテイジホームと言って、もう建てられてから100年位経っている家の一つだったんですね。コートニー市からも認定を頂いている程の由緒正しいヘリテイジホームだったんですよ。

これも義姉の知り合いと見に行きました。家の周りにはブドウの蔦が絡まって、良い感じだし、庭も小さいけれど、家の雰囲気に合っていて良い感じでした。で、家の中はというと、昔ながらの建て方で、今じゃ絶対にやらない面倒くさそうな細工とか、ステンドガラスとか手すりとか、とにかく、こっちも良い感じでした。だけど、台所とかはリフォームしてあって、住むのに困った事にはなりそうな感じでもありませんでした。

1階を先ず見回って、2階。古いけれどバルコニーとかもあったりして、自分たちで手直しはしなくてはいけない所もかなりあったのですが、窓ガラスもオリジナルだし、とにかく雰囲気が良かったのです。

そしてまた1階に戻って、階段の下に扉を見つけました。「これはどこに行くの?」とドアを開けようとすると、おねーさんが「きっと、それは地下室よ」と言いました。「ネズミとかいるかしらねぇ」なんて開けたら、・・・・居たんです。ネズミ。結構、しっかりした大きさでした。「うげ~、うっそー」。思わず日本語です。そしてバタン。出てこられるとまずいので、思いっきり閉めました。

おねーさんもびっくり。もちろん、買う気なんて失せまくりでした。ちなみに、この一件は午前中、不動の1位の一件は午後に起こりました。さすがの猛者連が集まるおねーさんの不動産屋でも、「貴女、クライアントを一日でそんな目に遭わせちゃうなんて運が悪いわねぇ。」と言われたそうです。もちろん、この後、この2軒は内見時には要注意物件指定となりました。
by courtenay | 2004-10-17 19:26 | カナダ

BBS

親サイトのBBSに質問を頂いた。コートニーにお引越しを考えているようで、部屋を借りるお話だった。で、Comox Valley Recordという地元新聞にいろんな街の情報が載っている話を返信させてもらった。件数はあまりないかもしれないけれど、地元密着なので、いい物件が見つかると良いなぁと思う。頑張ってくださいm(_ _)m

家探しは、ま、この場合は特に購入の場合だけれど、ネットと実物じゃぜーんぜん違うんだなぁって心底思う。RCMPに勤めている義姉の紹介の不動産屋のおねーさんと車で見回った時は、カタログやネットの美しい写真や、その写真からは窺い知れない隠れたものをいろいろと見せ付けられた時間だった。

中でもこれまでの最強不動1位はコートニーにある一軒家。土地は1エーカー近くあって、広さもそこそこだったんだけど・・・・。家の持ち主は既に引っ越した後。誰も、何もない(はず)の家の中を見る事になった。人が居なくなった家というのは、本当に寂しい感じで、特にその家にはペットが居たらしく、結構、臭いも酷かった。だから、ざっと見て回っただけで終わりにして、また車に戻ったんだけど、後部席に座った私の足首辺りに変な感じが・・・。チクッ・・・。
見てみると、草の種のようなものが靴下と足の境目に付いていた。「あら」と気軽に取ろうとしたその瞬間・・・う・・・動いた・・・。もー、叫ぶように「車を止めてぇ~」。外に転がるように出てチェックしてもらうと、な、なんと!それ(ら)はノミだったのだ!!その宣告を聞いて失神しそうになりながら払いまくって、どーにか落ち着いたと車に戻るとまたあのチクッとした感覚。「ひ、ひゃぁぁぁ~」。人に呆れられようと馬鹿にされようと、「蚤でしょ」と言われようと、そんな事は知ったこっちゃない。気持ち悪いんだもの。初めてなんだもん、蚤なんて!

それからしばらくは、気になって気になって仕方がありませんでした。きっと、あの誰も居なくなった家には、ペットから振り落とされた蚤たちが生息していて、家を見に来た人たちを待っているんでしょうね・・・嗚呼、やだやだ。

ちなみに、不動の第2位は別の家です。
by courtenay | 2004-10-16 22:45 | カナダ
面白いサイトがあるんだけど、皆さんご存知でしょうか?カナダ ブリティッシュコロンビア州のローカル新聞に挟まれてくる広告が見れるサイトなんですよ。まぁ、全部じゃないみたいですけれど、このサイトと提携を結んでいるお店の広告はこのサイトで見れます。(WAL-MARTもSUPER STOREも無いみたいです。きっと提携してないんでしょうね。)

トップページにはsmart shopping on lineなんて書いてありますが、別にここの広告から選んでオンラインショッピングができるという訳ではなさそうです。でも、どーんとスーパーの肉の広告なんかを見ると「おお!」とか意味も無く思ったりして。
by courtenay | 2004-10-15 19:11 | カナダ

最終ディベート

b0023796_910818.jpgこんなのを見つけてしまいました。うーん、子どもの夢を壊すかな?あくまでも、七面鳥、ですからね、感謝祭は。ビッグバードはなんの鳥なんだ?

ま、それは置いといて。アメリカ大統領選の最終ディベートを見ました。うーん、何故、未だに僅差なんだ?ブッシュにもう4年任せても良いって人がこんなに居るだなんて、ちょっとびっくりするけど。

ケリー候補のスピーチはつまらないなんて事を言ってる、思いっきりブッシュ大統領陣営側のラジオホスト、ラッシュ・リンボー@ドラッグ中毒もいるけど、真っ当な事を言っているだけだと感じたなぁ。それに引き換え、ブッシュ大統領はまた瞬きが多くなっちゃったし、自分の得意分野っていうか、良く練習してきた教育関連の話や、最後の訴えなんかでは上手だったけど、他ではいまいちに見えた。だって、質問に答えてないんだもん。そしてあの「ヘッヘッヘッ・・・」という笑い。ま、ケリー候補もゾウのように物覚えが良いらしくて、ブッシュ大統領には到底覚える事ができない量の数字を出してきたけどね。

どちらにしても決戦はもうすぐ。前の大統領選のような灰色の結果は止めて欲しいなぁ。アメリカらしくないって気がするんだけど。

でも、あのディベートを見ていた大統領陣営幹部は苛ついただろうなぁ。ライス補佐官なんて死にそうになっていたんじゃないかな??
by courtenay | 2004-10-14 18:29 | アメリカ

トラックバック

PINGがようやく判って来た所で、またまた問題発生。

トラックバックってどうやるの?

トラックバックの意味はどーにか判った。ゆかりちゃんを始め、私の駄文にトラックバックをして下さっているありがたい方もいらっしゃる。でも、でも、私の方からトラックバックはどーやるの??

エキサイトブログのヘルプページを見てもいまいち判らん。「醍醐味」とか言われても全然。

嗚呼、日々勉強。
by courtenay | 2004-10-13 19:50 | 日記

アボツフォード その2

b0023796_18593894.gif
この地図じゃ、アボツフォードを知らない人じゃ想像も付かないだろうから、あんまり役に立たないかも知れないんですけど、アボツフォードお勧めレストランの場所です。レストランの名前はRoseland Family Restaurant(ロースランド ファミリー レストラン/33550 South Fraser Way # 12, Abbotsford, BC, V2S 5G7, 604-852-1699 )です。

下がボウリング場なのですぐ判ると思うのですが、向かいにはオープンモールがあったり、サブウェイがあったりします。名前の通り『ファミリー』な雰囲気で、昼でも朝食メニューを食べる事もできます。もちろん、シニアメニューもキッズメニューもあります。キッズメニューはお勧めです。でも、大人は食べられませんけどね。デザートが付いてるんですが、とてもおまけとは思えない量なんですよ。

その他のお勧めはサンドウィッチ系。ボリュームあって美味しいです。そしてステーキ。店を見たら、「ここでステーキ?」と思うかもしれませんが、美味しいです。デザート類も美味しいです。そして値段が良心的。

近頃、行きたい!って思うレストランがどんどん失くなっているんです。前は美味しかったのに不味くなったとか、サービスが下降してるとか。特にサービスでがっかりするパターンが多くなってます。トシの所為かしら???でも、ステーキ頼んで冷たくて、温め直してくださいって頼んだら、ステーキをブレッドプレートに乗せてきて、「他のものは後で持って来ます」なんて言われたらやっぱり、ウッと思うでしょ?それが大手レストランチェーンのW.Sなんだから。フレンチオニオンスープ頼んだら、指突っ込んでも平気な位温くて、温め直しを頼んでも温かった、これまた大手のR.R、パンケーキもフライドポテトも冷め切っちゃって、パンケーキの上に乗っているバターがいつまで経ってもカチカチだったIHO・・・あ、これはやばいじゃん。とにかく、いろいろなレストランは試したのに、ずーっと行きたい、食べたいって思う所は年々減っているって事なんですね。でも、現在、このローズランドはお勧めのままです。お近くにいらっしゃる方、ぜひ、一度お試しあれ。

注:この不景気ですから、オーナーとか変わってて、レストランの雰囲気とか味とかサービスとか変わっちゃっていても、責任は取れませんので、よろしくm(_ _)m
by courtenay | 2004-10-12 20:56 | カナダ